音羽中継所

奈良県防災
■音羽中継所
奈良県宇陀郡大宇陀町(音羽山)
○付近他中継所−−−あり
 警察など
○付近地目地形−−−山林
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
(NTT道路ゲート無し)
○道路管理者−−−−NTTドコモ
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
(加入)
○その他
 NTT携帯電話使用場所により可能
 
奈良県大宇陀町と桜井市の境、音羽山の中継所。 国道166号から宗教団体の看板が立つところ目印に山へ入る。 道なりに進むと、NTT道路の看板があるのでそこを登る、 途中水道の施設の所までは舗装道路、その先は砂利道、 わりと整備されている様で砂利道にしては走りよい。 道路はNTTの中継所まで続く、NTT中継所からさらに奥へ、 道路状態は良くないが続くすぐに行き止まりとなり、 行き止まり部分が奈良県防災の音羽山中継所、 音羽山の山頂部はさらに奥で、中継所脇から登山道が延びている。
以前は、鉄塔は一基だったが現在進められている、県防災工事で さらに一基鉄塔が増えて2基となっていた。現場には工事関係の 表札もあったが、立ち寄った当日はなんら工事はしていなかった。 奈良県防災では、かなり重要な中継所で、ここから県庁向けにマイクロ がのびている。













2002.6.29

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka