RSK岡山

RSK 山陽放送
■撫川ラジオ送信所
JOYR/1494KHz/10kw
岡山市撫川1576 RSKバラ園内

○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−不明
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−不明
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他
 一般の地図にも「RSKバラ園」と表示あり
 国土地理院 1/25000地図:電波塔表示有
RSK山陽放送の主幹送信所、 市街地より北西に行ったところで、RSKバラ園という植物公園となっている、 隣接によくある住宅展示場もある。 観光用のバラ園でもあり、駐車場は区画こそ狭いが駐車可能台数も多い無料駐車場完備。 バラ園事態の入場は有料(\600)、 立ち寄った日が、日曜日だったこともあり来客は多い、 メインのバラは天気が良すぎ暑すぎたこともあるのか、時期がわるかったのか、 ちょっと元気なさげ、ショウブの時期でショウブ園のところは鮮やかに咲いてました。 有料区域の外になってしまうが、レストランもあり入場券を見せれば再入場可能とかで、 食事はレストランでランチをとりました。
山陽放送は昭和28年10月開局、当時はラジオ山陽,1280KHz,出力昼1kw、夜5kw。 昭和29年9月1kw送信所の無人化の成功。 昭和31年10月昼夜とも1kw出力となる。 昭和33年12月10kw増力申請、海外放送の混信のため。 (許可されることなかった) 昭和34年7月10kw増力申請取り下げ、3kw増力申請。 昭和34年10月3kwに増力、周波数も1260KHzへ変更。 昭和35年4月モスクワ放送との混信を避け周波数を1420KHzへ変更。 この月、第八回民放大会において、送信所の自動化方式開拓の業績により、 科学技術長官賞と、連盟会長賞を受賞している。 昭和37年10月出力を5kwへ増力。 昭和43年4月周波数を1490へ変更。 昭和49年にRSKバラ園開園(笑)現送信所運用開始日不明。 (旧送信所場所は、岡山市浜野野田) 昭和53年11月の一斉周波数変更で1494KHzへ。 昭和55年7月全局同一周波数同期放送開始(全国初)、 出力10kwになったのはいつ?スンマセン

RSK岡山
メインゲートの様だが人通りはいまいち

RSK岡山
こちらの入り口の方がにぎわっている

RSK岡山
でわ、バラ園中心へどうぞ

RSK岡山
公園の中央に鉄塔

RSK岡山
これが局舎、STLパラボラも

RSK岡山
入り口には、大きくRSKと表示

RSK岡山


RSK岡山


RSK岡山
鉄塔頂上部

RSK岡山
STLパラボラ、カバーの形からすると古そう

RSK岡山
鳥対策なのか、釣り糸が張ってあるのが見える
この方法は航空無線ではおなじみ

RSK岡山
天気も良くそれなりに賑わい

RSK岡山


RSK岡山


RSK岡山
良く見ると基礎打ち直し?コンクリートが綺麗である。
さすがに写真では、わかりにくいが一番上の支線ワイヤーだけ新しい

RSK岡山


RSK岡山
サービスショット、バラを・・

RSK岡山 RSK岡山


RSK岡山 RSK岡山


RSK岡山
さらにサービスショット、ショウブを・・

RSK岡山


RSK岡山 RSK岡山


RSK岡山 RSK岡山


RSK岡山 RSK岡山


RSK岡山


2004.6.27

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka