RKK熊本

RKK 熊本放送
■熊本ラジオ送信所
JOBF/1197KHz/D10kw
熊本県合志市上生字積雪466−5
 
○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−田畑
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−不明
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他

旧データ(2006.4撮影)
熊本放送の主幹送信所。熊本市内から北へ、 支線式鉄塔2基での指向性アンテナとしている事もあり よく目立ち、九州自動車道からもよく見え、夜間でも航空障害灯が並んで見えるので わかりやすい。
熊本放送は、ラジオ熊本(略称RKK)として 昭和28年10月(1日)旧送信所である池田町送信所 (池田町峠890−1)の仮設スタジオから 本放送を開始、1140KHz出力昼1kw、夜0.5kw。 27日には熊本市上通町にスタジオ完成、スタジオ移転。 昭和29年5月周波数を1100KHzへ変更。 昭和31年10月出力を昼夜1kwへ。 昭和34年7月出力を昼5kw、夜3kwへ増力。 昭和36年6月社名を熊本放送へ。 昭和37年10月周波数を1200KHzへ変更、出力昼夜伴5kwへ。 昭和53年11月の周波数変更で1197KHzへ。 時期不明ですが、中継局が同期(同一周波数へ) また平成5年頃この送信所へ移転となっている。
九州電管は周波数割り当てが下手で(なぜか同一管内で周波数が重なる) 1197KHzRKBの北九州局と重なっている。まあ周波数が悪いとも言えるが、 他にも茨城放送や信越放送とも重なっており、地域外では受信は困難である。 特に関東圏では、茨城、信越に負けて受信は不可能に近い。 関西域では夕方などを狙えば聞こえることも、中継局も同期となっているため、 RKBの北九州局よりちょっとは条件がいいようだ。

熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


熊本


全画像1,2,3,4

撮影は2018年11月
2018.12.9

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka