RF川崎

RF ラジオ日本
■川崎ラジオ送信所
JORF/1422KHz/D50kw
神奈川県川崎市幸区小向仲野町89

○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−河川
○土地所有者−−−−(下記)
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−
○道路管理者−−−−
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他
局舎場所の土地所有権は不明
送信アンテナは河川敷地内を占有借用
河川なので所有者としては国。場所管理は国土交通省
RFラジオ日本は、 昭和32年12月予備免許。 昭和33年12月開局、1480KHz、出力1kw。 昭和34年7月10kwへの増力申請、9月増力許可、10月には10kw放送開始。 昭和43年4月周波数1420KHzへ変更。 昭和46年12月出力を30kwへ増力、指向性アンテナへ改造。 昭和53年11月の周波数一斉変更で1422KHzへ。 昭和56年9月出力50kwへ増力。 昭和56年10月アール・エフ・ラジオ日本へ社名変更。
東京、横浜、川崎は都市雑音も多く効率よくカバーするための候補地が検討され、 現在の河川敷への設置となった。河川敷地内へのアンテナの設置は例が無く、 増水時の場合も考え、基礎は鉄橋と同じ強度で、当然給電点も嵩上げされている。 これらの事から、建設費も大きかったが、河川であることでアースの非常に良く、 アンテナ効率も良いといわれている。 指向性の関連からか、東側ではあまり受信状態がいいという話は聞かないが、 西向きでの受信状態はいい。私の自宅付近においても、同じ京浜の放送局としてはTBSよりも受信状態はいい。

RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎
指向性の整合函のある支線基礎

RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


RF川崎


2005.5.10

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka