OBC石原

OBC 大阪放送 (ラジオ大阪)
■石原ラジオ送信所
JOUF/1314KHz/50kw
大阪府堺市石原町3−8

○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−宅地
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−不明
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他
 
 国土地理院 1/25000地図:電波塔表示有
堺市の石原町にある送信所、今ではまわりは住宅地となっていて、 鉄塔も見えないわけでは無いが、あんまり目立たない。 住宅街の中の道を進むと、この先行き止まりの看板があり、 送信所へたどり着く、道は送信所で行き止まりでは無いが、 道は狭く車両の通行は不可能になるらしい。 送信所のまわりはいろいろな敷地に囲まれており、住宅、駐車場、池、畑に囲まれている。 敷地内を良く見ると、社宅?らしき物もある。
大阪放送は、昭和33年7月開局1380KHz出力3kw。 昭和33年9月には、他の大阪民放局に続き100kwの増力申請を行う、 申請内容は検討されたうえ昭和34年の再免許の際、 大阪民放局は20kwと決定、増力の準備にかかる。 昭和34年8月呼出名称を「おおさかほうそう」から「らじおおおさか」とする、 社名、略称(OBC)はそのまま。 同年10月、20Kwへと増力。 昭和35年8月に現在のアンテナが完成?。 昭和46年11月出力を50kwへ増力、出力1310KHzへ。 昭和53年11月の周波数変更で現在の1314KHzへ。 開局時から、大阪梅田のサンケイ新聞社のところにあったスタジオ、本社とも 弁天町のオーク200へと引っ越し現在に至る。
大阪民放ラジオ局としては、TVを持たない単独ラジオ局である。 我が家付近では大阪民放の中では一番良好に受信できる局であり、 学生時代は深夜番組にお世話になった局である。 自社制作の番組も多く、「ぬかるみの世界」という 「笑福亭つるべ」と「新野新(本業は放送作家)」の番組もあった。 その番組の中で、年に数回たしか、聴視率調査に時期頃に、 全国にリスナーに電話する事があり、各県ごとに何枚はがきが届いてるか言ったうえ、 一人に電話すると言うのがあり、 もともとBCLにも興味があった私は、そこらへんでも聞こえるんだとか、 思いながら聞いてた思いでがあります。 また、日曜深夜の番組だったので、鉄塔のペンキ塗りや、 機器の保守のために放送時間が短縮されたりとか、 いろいろな面で印象に残った番組でもあります。

OBC石原
入り口

OBC石原


OBC石原
轍がくっきり

OBC石原


OBC石原
鉄塔基部
STLパラボラが、鉄塔上の反射板に向く

OBC石原
STLの反射板

OBC石原
基部最大望遠!

OBC石原
アンテナ頂上部

OBC石原
周辺は、駐車場だったり、田圃だったり

OBC石原
池だったり

OBC石原
畑だったり

OBC石原
敷地内に家がある、社宅か?送信所の管理人(笑)

OBC石原


OBC石原
パラボラが付いていただろう名残の鉄塔

OBC石原


OBC石原


OBC石原


OBC石原
水冷式エアコンなのね

OBC石原


2004.7.27

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka