MRO金沢

MRO北陸放送
■野々市送信所(TV&ラジオ)
JOMR/1107KHz/5kw
石川県石川郡野々市町押野2丁目220
○付近他送信所−−−離れてNHK
○付近地目地形−−−住宅地
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−(国道沿い)
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他
 
石川県の県庁所在地であるで金沢市と隣接の野々市町にある、MRO主幹送信所。 100m級の鉄塔でテレビとラジオ共用、他にFMや携帯電話などのアンテナも 同じ鉄塔にくっついている。
ラジオアンテナはダウンリードタイプで、下から鉄塔真ん中あたりにあるちょっと変わった 形のステージの様な所まで張ってある。 ダウンリードなので線が細く画像では見にくいかもしれません。 敷地関係はややこしく、ペプシコーラの敷地と混ざっていてよくわからない。 局舎から見て鉄塔は現在の位置の真っ逆様に立っていたのか、 鉄塔から逆さになる局舎壁面に給電部跡らしい物が見られる。
北陸放送は、日本海側ではトップをきってS27年5月に開局した民放ラジオ局、 開局当時は北陸文化放送700KHz500wすぐに昼間1kwに増力、 11月には現在の社名へ変更、S28年8月に周波数を760KHzへ変更、 S31年1月略称を「MRO」とした、「MRO」はこの主幹局コールの「JOMR」から 「MR」を、七尾局の「JOMO」から「O」を取って「MRO」としたそうな。 同10月昼夜共1kw放送開始、S35年10月3kwへ増力、S37年10月周波数を1110KHzへ 変更、出力を5kwへ増力、S53年11月1107KHzへ変更となっている。
同一周波数や、隣接周波数使用の局が多いため、北陸以外の地域では聞こえにくい局である。

MRO金沢 MRO金沢
下の方の中波のアンテナ部分

MRO金沢
鉄塔の下の部分、ダウンリードの下の部分でもあります。

MRO金沢
クイックすると大きな画像になるのでなんとか見えます。

MRO金沢
給電部付近

MRO金沢
ペプシの車が止まってます。
斜めに走るワイヤーの様な物はロープでした。?

MRO金沢
逆光の方がワイヤーが見えやすかったりして。

MRO金沢 MRO金沢

MRO金沢 MRO金沢
旧給電部と思われる部分が見える。

MRO金沢 MRO金沢

MRO金沢 MRO金沢
看板が少ないのはさみしいね。
北陸放送の文字はこれだけ。

MRO金沢
鉄塔最上部のアンテナ郡
TVアンテナにFMそれになんやら、
突き出した無線のアンテナなにやら不明

MRO金沢
STLのパラボラ、携帯電話のアンテナも

2002.6.25

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka