KBS久御山

KBS京都(京都放送)
■久御山ラジオ送信所
JOBR/1143KHz/20kw
京都府久世郡久御山町田井塔の本1−1

○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−宅地
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−不明
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他
 
 国土地理院 1/25000地図:電波塔マーク有
 
KBS京都の主幹局久御山送信所、国道1号線より少し東に入ったところにある。 付近は倉庫、配送センターなどが立つところ、目立って大きな建物は無いので、 国道1号線を走っているとよく見える。
昭和26年12月開局、当時はラジオ京都、略称KHK、1140KHz出力500wであった。 その翌年昭和27年12月には出力を昼間3kw夜間1kwへ増力、 翌昭和28年8月には周波数を1100KHzへと変更、 その後昭和31年10月昼夜3kw出力とし周波数1140KHzへ復帰、 昭和34年12月には出力を10kwとした。 昭和39年10月社名を近畿放送に改称、略称もKBSへ改称。 昭和40年6月には全国で2番目、西日本では初の全日放送(24H)開始、 昭和46年12月出力を20kwへ増力する。 昭和53年11月の周波数変更で現在の1143KHzへ変更。 昭和56年4月現在の社屋が完成、京都新聞ビルから引っ越し 呼称をKBS京都へ変更。 その後事件に巻き込まれ放送機材、施設すべてが抵当にとられ 会社運営が危うい状態になるが、結果平成6年9月事実上の倒産である 会社更生法を申請、地元のからの地域密着型のTV、ラジオを残したいとの 要望も大きく同年11月に会社更生開始決定。 平成7年10月に社名を京都放送に変更。 平成8年2月には新資本金で再検開始、事実上の新会社発足みたいな物。 その再建のバタバタしている間、時期は忘れたが、 この久御山ラジオ送信所を支線式鉄塔のアンテナから、 現在の自立型鉄塔アンテナへと建て替えられている。
主幹局で20kwと高出力で同一周波数の局が国内に無い事から 近畿一円で良好に受信できる。関東圏では文化放送と隣接周波数となるため、 聞き難いかもしれない。

KBS久御山
う〜ん、立派な入口

KBS久御山


KBS久御山


KBS久御山 KBS久御山
鉄塔全体

KBS久御山


KBS久御山
雑草でよく見えない基礎部分

KBS久御山
2階建てで大きな局舎

KBS久御山 KBS久御山
敷地に止まっていたトラック、何が乗ってるの?移動スタジオ?

KBS久御山
アンテナ最上部

KBS久御山


KBS久御山
STLパラボラ他アンテナ群

KBS久御山


KBS久御山


KBS久御山


KBS久御山


KBS久御山


KBS久御山
しかしまー、ラジオの鉄塔としてだけ
使うにはもったいない規模の鉄塔です。

2002.11.6

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka