BSN新潟R

BSN 新潟放送
■山ニツ(新潟)ラジオ送信所
JODR/1116KHz/5kw
新潟市中央区山二ツ5丁目10-27
 
○付近他送信所−−−無し
○付近地目地形−−−宅地
○土地所有者−−−−不明
○地質−−−−−−−不明
○人道車道状況−−−車道
○道路管理者−−−−不明
○電力線引込−−−−有り
○電話線引込−−−−有り
○その他

旧データ(2008.2.10編集)
新潟放送のラジオ主幹送信所。 新潟放送は昭和27年12月開局、1410KHz、 昼1kw夜500wで開局当時は ラジオ新潟と言い、略称もRNKであった。 翌昭和28年8月には周波数を1420KHzへ変更。 資料が少なく状況が良くわからないのが、 昭和30年10月の新潟大火災で本社社屋焼失、 社屋焼失寸前まで火災報道を行い、 郵政大臣と民放連より表彰されたという。 この新潟大火災についての資料が少ないのと、 火災後の放送はどうしたのかは、わからない? 昭和31年6月に現在の本社社屋が完成、 同年10月周波数を1220KHz、出力昼夜共1kw。 昭和34年10月には出力3kwへ増力。 昭和36年12月に社名を現在の新潟放送に、略称もBSNへ。 昭和37年10月周波数1120KHz、 出力を5kwへ変更。 昭和44年には東証の店頭銘柄株になる。 昭和53年11月の周波数一斉変更で現在の1116KHzになる、 当時は指向性アンテナで出力5Kw。 その後いつ無指向性アンテナになったのか不明。 1116KHz付近は海外放送との混信も厳しく、 大阪では同一周波数の南海放送にも負けてほとんど確認できない。

新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟


新潟

全画像1,2,3,4

撮影は2021年9月
2023.7.2

戻る
  kouiki-osaka-musenhozenka